2019年1月18日金曜日

ブログやっと引っ越しました(^ ^)

気づいたら、新しい年を迎え、もう18日も経った。
年齢とともになかなか、ウチに帰ってからパソコンを
アップする元気が無くなっていたのも事実。(苦)
というわけで、隙間時間に発達障害を持つお母さん向けの
子育てに役立てばいいなあと思う内容をアップしていきたいと
思っています。これまではプライベートな内容も一緒に
アップしていましたが、プライベートな内容は
Instagramで愛犬と一緒にアップしています。

 @ben_emma_dachs   です


amebaブログのタイトルも同じ

『こんどう先生の日記』です
https://ameblo.jp/tomika110/entry-12433818947.html


子育ての大変さはブログを読んで軽減するわけ
ではないと思いますが、暗いトンネルに入り込んで
いるような気分で子育てをしているお母さんが
ふと、このブログにたどり着いて、ほんの小さいこと
でもいいので、お母さんたちの一助になれば幸いです。

まだまだブログは続きます。これからも
よろしくお願い致します。



僕のブログもあるよ
「ベンの日記」
わんこが好きな人は
見にきてね。^ ^



2018年11月30日金曜日

こんどう先生の日記をふりかえって・・

今日で平成30年11月も終わる・・・。
8年前に鈴木氏と一緒にクリニックを
経営し始め、自分で振り返るために
このブログを始めた。ぺディアティーチ
チャイルドセンターを設立したのは
早いものでもうすぐ5年が経とうとしている。

一日のまとめのように記した日もあれば
その時のタイムリーな話を長々と文章に
した日もあり、いろんな角度で私なりに
記してきたと感じている。

今月は1回だけ更新した理由は、私なりに
この約8年間の内容を振り返りたかったのもあり
新たにリニューアルすべきカテゴリーを
思案していた。

携帯電話で簡単に画像や動画を投稿できる
ことが普通になり、ブログもアメブロ的な
簡単に毎日アップできるものが堅苦しくなくて
いいのかもしれないななんて真面目に考えていた。

ブログは自分の今を発信するのが目的でもあり
仕事上の内容も分かりやすく発信したいと思って
8年。このブログを見る世代もじわじわ交代して
いるのも感じている。もし最初の頃30歳でこのブログを
見てくれていた人がもう38歳になる計算。
平成が最後になることが決定した この「平成30年」
来年に向けて、「こんどう先生の日記」も含めて
リニューアルをしようと具体的に計画している。

発達障害という言葉も随分、認知されてきている。
次世代に向けて、昭和ドップリの私が何を発信できるか・・・・。

様々な角度からみなさんに発信できるよう
考え中です。(笑)

相変わらず大忙しですが、しっかり頑張ります。
もちろん まだブログは続きます・・・。(笑)

2018年11月1日木曜日

もう11月・・

朝から晩までなんだかんだ動き回っていると
日付というより「今何月だったか?」という
感覚がカレンダー上で意識しているのみの
生活になってしまう。

そんなこんなで平成30年11月に突入。

我が家の愛犬ベンももうすぐ2歳だ。

もっともっと時間が欲しい。ゆっくりしたいと
いうのではなく、さらに深いことを考えていきたい。
一つの問題をとことん追求したい自分。
方向性が見えてくるまで必死で考えている自分。
とても自虐的だが、その一方で
ぼ〜〜〜〜〜〜っとしたい自分もいて。


そんな時は、音楽聴きながらできる仕事から
どんどんこなしていく。

久しぶりに一人でいきたい「映画」
QUEENの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディー』

久しぶりにワクワクしている。



本物に勝るものはないけれど
なんでもいい。とにかく音楽が好きだから。

久しぶりに音楽に浸ります。仕事も済ませながら・・・。


2018年10月17日水曜日

親の心配

バタバタしている中、一本の電話が
受付から回ってきた。以前、鈴木氏に
かかっていたお子さんのお父さんから
だった。

小学低学年にかかって以来、今現在まで
特に大きな問題はなかったが、大学生に
なってから、何やらうまくいかないという
状況らしい。

お父さんの声に悲壮感はなかった
(ように思えた)が、うちに電話を
かけて来られるということは、
やはり樹海に入り込んだ、お気持ちに
なっているのだろうと感じた。

俗に言う、グレーゾーンと呼ばれて
いた子が、大きくなったらどうなるのかと
質問されることがある。
もちろん、サラリと答えられるような
質問ではないが、できるだけ
今起こっている問題点を具体的に
話してもらい、すぐたちまちできる
事と、じっくり構えて乗り切る事と
シンプルな言い方で、親御さんに答える。

学校に行かなくなった我が子のことを
心配しない親はいない。しかし
今起こってしまったら、親は
どうすべきか?増してや、発達に問題がある
とされてる子。さあ、さあ、どうする?

大学生になったものの、まだまだ親の心配は
続いている。どう関われば?

簡単に言うと、

1  まずは我が子の力を信じてやる。
2   このままじゃダメだ。と親が焦らない。
3  今日がダメでも、また明日って考える。

我が子は他の子と違うから何か特別な
事をしなくちゃダメだと言う時間が
普通になってる親御さんに言う言葉。

今の我が子の微々たる力を信じて
あげて下さい。いつか発達障害と
いう言葉が通用しない、厳しい
社会に出て行く子を育てていると
いう意識を親御さんには
持って欲しい。

親の心配は一生続く。私は特異体質なのか
息子への心配を、変に楽しんでいた。
今度は何を急に言いだすのか。
今度は何をし出すのか。

のんびり明るくやりましょうかね。

2018年10月9日火曜日

忙しいですが・・

忙しいですが、毎日それなりに頑張っています(笑)
マザーズ講座も休みなく、講義していますが、
だんだんと、体力の衰えから目を背けられなく
なってきた今日この頃です。もちろんパソコン業務も
目に優しくない作業ですし、時々Siriを利用して
少しでも画面を見なくてもいいようにズボラしています。

今日のマザーズ講座は「発達障害の子どもの将来と親の将来」
という内容でお話しをしました。母親の世代が
30代・40代・50代に分かれていますが
子に対する思いは皆同じです。

私もまだまだ勉強しながら、元気に頑張るつもりです。
子育ての日々に追われながらの生活がやっとひと段落つける
世代に入ってきた私は50代。

ゆっくり歳を重ねたいと思います。
なかなか、その時の思いや残したいときの
画像とか、あと回しになってしまうので
愛犬用の「ブログ」をスタートしています。
本音の「素の自分」で書いています。
また興味のある方はそちらものぞいてみて下さい。

タイトルは「ベンの日記』https://ameblo.jp/brian-msg699
このブログのタイトルの上に「ベンの日記」とあります。
そこをポチッとすれば、ベンの日記に飛びます。

今日はレセプトの日。頑張ります。


2018年10月3日水曜日

いよいよ10月

気づけば平成30年10月3日になっていた。
今は、殆ど「事務作業」に追われて
裏の院長室でベンが寝ている横でずっ〜〜〜っと
パソコンに向かっている。なかなか自分で
日記を継続してつけることが苦手な私が
患者さんのお母さんに言われて始めた
この『こんどう先生の日記』

誰が読んで下さっているかわからないから
できれば、「一人でも共感してくださる人」が
いればその人に向けて発信するつもりで
書き出してみた。広告が入らないBloggerに
したのも息子に言われてから。

2011年6月13日にスタートしたこのブログ。
丸7年間コツコツ、時には毎日、時には
サボりながら継続してきた。スマートフォンで
アップすることもできるし、ipadでも可能だが
やはりPCに向かって頭の中を整理して書き出すと
ツルツル文字が出てくる。

満53歳の今、若干スピードを落とし気味で
毎日頑張っています。更年期真っ盛りという
内容も何度か投稿してきましたが、最近は
更年期というより、自分自身を見つめている
時間が長いと思います。息子を自立させて
気づけば自分も年相応にジワジワ老いているのを
感じている毎日。決して身体が悲鳴をあげている
わけではないし、テンションが上がらないわけでは
ないのですが、自分の気持ちに正直に毎日を
過ごしたいと思い、仕事のスタイルを少しだけ
ボスに話して変えて頂きました。

ペディアティーチのマザーズ講座も今度の4月で
丸5年になります。一般社団法人として
立ち上げてから早5年ですね。また新たに
自分も含めて講座に参加されているお母さん方と
ともに、歳相応の「団体」になるべく
いろんな方向性を見ながら考え続けております。

日々、いろんな事柄に翻弄されつつ、自分を
見失う事なく、元気に、毎日休まず継続する。
それが「すずきクリニック」「ペディアティーチ・
チャイルドセンター」の目標です。

あらためて これからもよろしくお願い致します。

さて、遅くなりましたが、10月〜12月のカリキュラムが
仕上がりました。また明日以降でアップするつもりです。

頑張ります。

2018年9月20日木曜日

決着

『母の老後』の内容の結末だが、
昨日今日で解決する方法があれば
とっくに解決している。しかしこれまで
長い間、「私のこの勝手きままなブログ」につきあって
くださっている方は、私という人間が
このままズルズル放置しておくタイプの
人間ではないでしょう・・・と思っていて
くださっていたら幸いであり、正解です。

昨夜、私なりに決着をつけました。
もちろん、主人がいる前で。
ドラマでは、洒落た喫茶店か、
母と娘の思い出の堤防で草むらに
座って話すような場面を演出されているが
本当の親子だからこそ、決めたら
実行するのが私。「何かあったの?」なんて
あとで主人に聞かれるのも面倒だ。
一幕でスパッといきたい。そう思って
夕食の場面で話すことにした。

シンプルでストレートな言葉にこれまでの鬱憤や
自分勝手な言い分、誤解も含めて
ベストな言葉を選択した(つもりだ)

これで母の依存をやめてもらいたい。。
なんて甘いことを思ったわけではなく
依存されないように私が行動するという
宣言をした。

このシンプルでストレートな言葉とは・・・・


「今日限り、娘としての私を解放してください。
 好きに生きてください。私はあなたの夫ではありません。」

淡々と言った。


母は厳しい表情でこう返してきた。

「あなたが何を言いたいのかわかりました。」(ほんまか?・・・笑)


それ以上はペラペラ話したりしない。
台所は私仕様にして、無駄なものは捨てた。

今日、長いメールが母から送られてきた。
読んで、涙が少し溢れた。何の涙がわからないが。


内容は、小さい頃から私を縛り付けてきたこと
自分の思い通りにならない私にイラついていたこと
自分の娘は自慢だったこと。
しかし、気づけば縛り付けている感覚はなく
そうしないといけないと強迫的に勝手に
感じていたことも、私のこと短い言葉から
理解できたともかいていた。

私からメールは、一言だけ。

「了解です」


私なりに決着がついた。

姨捨山に母を捨てられることができますか?
答えは ノーです。私は。
親に限らずいつか必ず自分にもやってくる
「避けられない別れ=死」
そのときまでに自分が後悔しない生き方をしたい。
しかし「人から依存されすぎる関係」もキツい。

決着= 生きている間に後悔しないよう
    相手に自分の気持ちを伝え続けること。
    嫌なものは嫌なんだ。


私は母から逃げ続けてきたから、こうなった。

決着をつけてから、母は構わなくなってる。


しかし まだ2日目。3日目で今迄と同じなら
もうパロディーと思うしかない。

今回の私は本気で行動している。逃げずに。


さあ、また明日からフル回転でがんばる。
腹をくくりなおして・・・・。

最近、youtubeでよくみる動画。
また ひとりカラオケいかなあかんな。
みなさん、季節の変わり目です
ご自愛くださいね・・・。














 





ブログやっと引っ越しました(^ ^)

気づいたら、新しい年を迎え、もう18日も経った。 年齢とともになかなか、ウチに帰ってからパソコンを アップする元気が無くなっていたのも事実。(苦) というわけで、隙間時間に発達障害を持つお母さん向けの 子育てに役立てばいいなあと思う内容をアップしていきたいと 思っていま...